農地の活用

大きな家

農林水産省は2013年3月、農地で太陽光発電施設の設置を認めました。これにより、農地でソーラーシェアリングを行うことが可能になりました。耕作地の中で、農作物が受けない余った太陽光を発電に回すことが可能になったのです。ソーラーシェアリングは、非常に合理的で画期的なアイディアとい言えます。 これまで農林水産省は、ソーラーパネルを載せる架台を組む支柱の基礎部分が、農地転用に該当するとしてきました。このためソーラーシェアリングを認めてきませんでした。しかし、農業生産が継続されるよう確保できればという条件で、ソーラーシェアリングを認めたのです。また、周辺の農営に影響を与えないということも条件になります。このような農林水産省の指針は、平成25年3月31日に発表されました。

ソーラーシェアリングは既に技術開発されており、実用段階に入っています。農地で発電した電気を電力会社に売って収入を増やせる新しい農地形態として、注目されています。特に、農村地域の振興に繋がる策として、期待されています。 ソーラーシェアリングの考案者は実験施設を建て、見学のため開放しています。既に千葉県市原市の「ソーラーシェアリング上総鶴舞」で、ソーラーシェアリングの発電所を稼働しています。また、一般社団法人ソーラーシェアリング協会が設立されており、普及促進に当たっています。同協会は、農業再生や地域活性化を目標として取り組んでいます。ソーラーシェアリングの普及のために、販売店への研修や、施工業者・施工店への技術指導も行います。